企業で工事発注をする際に工事注文書で欠かせない内容や書類について

>

注文請書と工事注文書の違いとは

注文請書について

発注者の企業が受注者に工事発注やサービスの注文をする際、発注内容を承諾したのを受注者が明確にできれば、工事を円滑に進める切っ掛けになります。
その効力を果たすのが、注文請書です。

注文請書には、提供する商品やサービス、数量や納期といった情報が記載されています。
正確な内容が伝わることで、発注者の立場からは安心感を持てるでしょう。
他には、発行記載日の掲載があれば、取引の整合性のズレが起きる心配はありません。

注文請書の作成にあたり、受注先の会社によっては、紙ベースの書類ではなくPDFのような電子タイプの書類で済ませるケースもあるようです。
捺印も電子タイプで可能となれば、書類のやり取りにおける時間短縮が図れます。
ただし、工事が完了するまでは書類の管理は欠かせません。
正式な書類として1万円以上掛かる注文請書は収入印紙が必要で、電子タイプではなく紙ベースとなるでしょう。

トラブル回避の助けになる存在

企業側である発注者が工事注文書を工事受注者に提出する場合、それを受諾すれば交渉は成立するかもしれません。
商品発注や施工の注文などを受諾した書類が無ければ、トラブルになりかねません。
特に受注者が利益優先で都合の良いように作業を進めてしまうと、思うような仕上がりにならないケースもあります。

注文請書があれば、注文内容や金額、納期などの情報を間違いなく記載されています。注文内容からのズレや納期遅れといったトラブルが起きても、受注者に伝えることができます。
上手に活用できれば、工事を円滑に進められる切っ掛けになります。

収入印紙を貼る場合だと、消印の有無も確認します。
社印でなくても作成者の認印で大丈夫ですが、正式な書類の1つなので確認しておきましょう。


この記事をシェアする

このページのトップへ